写真家 雨宮 里江

face02_ss04

1982年 神奈川県川崎市生まれ。
2000年から独学で自分撮りのアート作品を創り始める。
当初は「売り物にはならない」「面白いが仕事には向かない」「何故自分なんて撮るのか」という評価も多かったが、地道に世界を追求し続ける。
長く結果を得られない時期を経て、ようやくコンクールでの受賞や雑誌掲載などのチャンスに恵まれ始める。
今ではアーティストとして活動する傍ら、フリーフォトグラファ/フォトクラブで自分撮り講座の講師を勤めるようになる。
セミナーでは「自分撮り」の奥深さと自己啓発の大切さを見出し「自分とは何であるか?」を追い求める人達に「発見と開拓/人が目を留める写真撮り」を念頭に指導を行っている。
今後はアート活動と平行し自分撮り、ポートレート撮影を通して「人の尊厳/内面の浄化」に繋がるセラピーフォトを行いたいと考えている。

雨宮里江先生のホームページ

受賞歴など

1999年/世界エイズポスターコンテスト最優秀賞受賞
2002年/エプソンカラーイメージングコンテスト森村泰昌賞受賞
2013年/アサヒカメラ月例コンテストモノクロ部門5位/組作品部門入選

インタビュー等

日刊ゲンダイ/日刊スポーツ/神奈川新聞/ラジオ日本/月刊カメラマン2014年5月号「カメラマン最前線」掲載など

撮影テーマ

セルフポートレート

ウィステリア・フォトクラブに関する
お問い合わせ・お申込・お支払について